MENU

アフターピルで避妊誤り

アフターピルによる避妊失敗のトリガー
アフターピルの避妊成功率は100パーセントではない為、場合によっては避妊に失敗してしまう場合もあります。

 

アフターピル使用時の避妊悪行は、下記の様なトリガーが上げられます。

 

ピル,低用量ピル,値段,通販,市販,効果,副作用,最短

 

アフターピル使用時の避妊悪行件

2錠投薬型式のアフターピルの場合、12間隔後に服用する2錠眼を呑み忘れてしまった。

 

この場合は、必要なホルモン件数に足りなかった結果、生理が発生しなくなる見込みが御座います。本当にふさわしい体格といった使い方を護符頂いて、ご使用してください。

アフターピル投薬先々、2間隔以内に嘔吐してしまった。
まれに、服用したアフターピルを吸収しきる前に吐いてしまうケースがあります。勿論身体へ吸収されていない結果、効果は出ません。

 

病舎で処方してもらい嘔吐して薬を吐き出してしまった場合は、すぐに呑み正す必要がありますので、ふたたび病舎を受診してください。

 

通販などで購入する場合は、予備として複数購入しておくのが良いでしょう。

アフターピルの投薬タイミングが遅かった。
アフターピルは、避妊悪行をしたセックスから服用するまでの間隔が経過すればするほど、避妊比が下がっていきます。

 

アフターピルにて避妊効果のある歳月は違いますが、アイピルの場合は3日光以内の投薬、エラの場合は5日光以内の投薬を推奨されていらっしゃる。

 

無論、それ以降の間隔が経過した後に服用した場合でも効果が0になるわけではありません。

 

多少なりとも避妊成功率を高くしたい場合は、歳月を過ぎていた場合でも投薬すれば効果はあります。

 

既存、セックスからウィーク~10日光程度で、受精卵が子宮へ移動してきて着床すると受胎となりますので、10日光上記が経過してから服用する場合は効果はありません。

 

詳しくは、受胎の組織をご覧ください。

アフターピルの投薬まま、既に妊娠していた。
投薬時点ですでに妊娠していた場合は、避妊効果は有りません。

 

また、中絶薬では有りませんので、妊娠している場合は効果は有りませんので、アフターピル消費前に受胎診察が推奨されていらっしゃる。

子宮外側受胎
アフターピルは、ホルモンの均衡を調整して生理を誘発する実行につき、子宮外側受胎は防ぐ事が出来ません。

 

その際は、早速医者の診察を受け、検査を通してください。

 

アフターピルを服用して、避妊に失敗してしまった時の原因の中でもダントツに多いのは、呑み忘れや嘔吐などで身体にアフターピルの良好元凶が十分に吸収されていないケースが大半です。

 

ふさわしい用法を続ける結果、上記の事は防げますのでご注意下さい。

 

また、多量のアルコールなどを摂取して嘔吐や下痢などを弾き出すという、カラダから薬の元凶が出てしまってアフターピルの効果が軽くのぼる場合もありますので、ご注意下さい。

 

妊娠してしまった場合など、皆は女子身近へ負担がかかって来る。

 

仮に、相手方が受胎を望んでいない場合は、低用量ピルやアフターピルを常備するなど、しっかりとした避妊対策を検討したほうが良いでしょう。

 

ピル通販TOPへ